疲労回復にオススメ!アミノ酸8353.8㎎配合『オレは摂取す』お得に購入できるクーポン紹介中!詳細はこちら☞

【トレランレース】2022年トレランシーズンインを告げる第24回青梅高水国際トレイルランに出場しました![約25km]

この記事について

本記事は2022年4月3日に開催された第27回青梅高水国際トレイルランレースに向けた準備について書いています📝(※大会発表:実測32㎞(GPS24.5km)

第27回青梅高水国際トレイルラン 記事一覧

  1. 準備編
  2. レース編(本記事)

こんにちは!ウルトラトレイルランナーかずき(@kazu.runlog)です!

かずき

かずき

普段はマッサージや鍼治療の仕事をしています!

2022年4月2日に開催された第27回青梅高水国際トレイルランに出場しました!所属する青梅トレラン部地元レースということもあり、毎年恒例行事として参加しています!

かずき

かずき

今回で7回目の出場でした!(※さっちゃんは8回目

本大会は最寄りとなるJR青梅駅から大会会場が近い上、東京近郊からのアクセスも良く、スタートも10時と早くないので多くの方が日帰りで参加できるので非常にオススメの大会です!

駅前にコンビニもあるし、非常に嬉しいポイントが盛り沢山です★

さっちゃん

さっちゃん

今回もいつもの青梅トレラン部ウェアを着用して走ってきました!その様子を記事にしています📝なお、コースに関しては別途作成しているボクの試走記事チーム獣人でお馴染みけぐさん作成のコースガイド動画をご活用ください★

本大会の特徴

  • 大会発表:実測32㎞(GPS24.5km)
  • 10:00スタートのため、東京都近郊の方は日帰りで参加が可能
  • 低山で比較的走れるコースが多いものの、階段や急登もあるのでパワー配分に注意

かずき

かずき

ウルトラトレイルランナーかずき(@kazu.runlog)です。

皇居至近ランナー向けシャワー施設ラフィネランニングスタイル神田店併設ランスタ治療院にてマッサージ・鍼治療・ランニングレッスンを担当しています。仕事に関してはこちらにまとめてあります。

さち(@runninghigh42.195)です!
友達からは「さっちゃん」と呼ばれています(^^)/

フルマラソンサブエガ(2時間50分切り)と各種トレイルラン大会で上位入賞を目指して、楽しく走り回っています!

さっちゃん

さっちゃん

レース当日(自宅~スタートまで)

時系列メモ

  1. 8:37JR青梅駅着
  2. 8:50青梅永山公園着
  3. 10:00スタート

ゼッケン等々は事前に送られてきていますが、少し余裕をもって会場入りします。本当は8:18JR青梅駅着の電車で入る予定にしていましたが、朝イチにたまたまSNSを見たら雨情報の文字が?!

なんか、早くも雨なのか⁉️ テンション上げるのに苦労する朝・・・

吉川 直人さんの投稿 2022年4月2日土曜日
かずき

かずき

これを見て、レインウェアなど雨対策アイテムを増やす準備をしていたら、電車1本遅くなってしまいました(;^_^A

コンプレスポーツ(COMPRESSPORT) ハリケーンウォータープルーフ

青梅入りしたらトイレに寄ってから大会会場である青梅永山公園に向かいます!

会場までは案内あり
早速友人に遭遇★

会場入りしたら検温チェックを済まし、検温チェックを済ませた証となるリストバンド参加賞を受け取ります。

検温テント
検温クリアした証(写真は2021年大会📷)

雨が降る中での準備となりましたので、早めに荷物を整理して諸々準備をしていきます。

かずき

かずき

トイレはスタート時刻が近付くと混雑しますので、注意が必要です!

大会会場を動き回ると友人にたくさん会えるので非常に嬉しいですね🎵

時々写真撮ったりしてリラックス📷
青梅トレラン部のメンバーにて📷

スタート前に「カツサプ」補給

今回のレースに向けて、カツサプの商品提供を受けていました。案内通りレース30分前に補給してスタートラインに並びます。

かずき

かずき

「カツサプ」は持久型スポーツ向けの運動補助食品で、運動当日のパフォーマ ンスを向上させる当日の運動前に飲むサプリメントです。

カツサプには主に3つの効果があると言われています。

カツサプの効果

  1. 乳酸のエネルギー転換を促進
  2. 筋肉のダメージを軽減する
  3. 筋疲労による足つりを防ぐ

筋肉を酷使するトレイルランとの相性は良さそうだね!

さっちゃん

さっちゃん

カツサプ
使用案内。今回は30km弱のレースなので2包
1包につき3粒=6粒摂る
かずき

かずき

水と一緒に飲みます!

キツくなってくる終盤にチカラを貸して欲しいところです★

10:00レーススタート!

定刻通り10:00スタート!少人数ウェーブスタート方式で順次スタートしていきます。

スタート直前はドキドキでした~!!

さっちゃん

さっちゃん

©KFCトライアスロンクラブ

青梅永山公園→榎峠

スタートして1度ロードに出てから青梅丘陵ハイキングコースへ。前の様子を見ながら走りますが、先頭グループが速すぎだったので、引っ張られすぎないようにマイペースに進みます!

かずき

かずき

2021年大会は序盤のハイペースに巻き込まれて自爆した感じがあったので、今年は慎重に行きました。

プロマウンテンプレーヤー池田さんより📷
元気に手を振る

青梅丘陵ハイキングコースは整備されていて非常に走りやすい反面、オーバーペースを招きやすいので本当に注意が必要です!!さすがに2年連続で同じミスは出来ないので慎重に行きます。

かずき

かずき

約3km地点の矢倉台までは一気に進めます。

ココまで一気に来ます!(※写真は2021年試走時のモノ📷)

矢倉台からの登りで歩いてしまうこと年もあるのですが、歩幅を狭くしてリズム良く登って進んで行きました!

かずき

かずき

今年の試走時に、「ここはパワーウォークで行く」と決めた登り以外は極力走るようにしました!

矢倉台を過ぎると本格的にトレイルへ突入します!このあたりで友人のハルさんに遭遇!ハルさんは「HALTRA TV」というYouTubeチャンネルを開設されており、今回のレースの様子もアップされており、ボクも写っています🎥

細かくアップダウンを繰り返して15km地点との分岐へ。要所要所でボラの方がいらっしゃいますが、友人も多くお陰様でたくさん応援をいただけました★

本当に応援はチカラになりました★

さっちゃん

さっちゃん

ここまでは一押しで来れると思います!
試走の時はこんなイイ天気だったのに(笑)

分岐の先はジグザグ上り下りを繰り返しながら、雷電山・榎峠を目指して突き進みます。途中で、RUN塾代表のりょーこさんにも応援をいただきました!(ここ数年お馴染みのポイントで応援してくれます★)

Photo by りょーこさん📷
すごい嬉しそうなリアクション(笑)

1年前はオーバーペースがたたってこのあたりからシンドくなってきた記憶があったけど、今年はまだまだ元気!この先も淡々と走って進み、あっという間に雷電山へ!

まさか雷電山で応援隊がいるとは!!
Photo by アミタさん

雷電山を過ぎると階段が続く下りへ。雨の影響により、木段などが滑りやすくなっているので気をつけて進みました。

階段を下りたら道路に出ます(※写真は試走時のモノ📷)

榎峠→常福院→榎峠

大会中唯一の関門ポイント(制限時間:100分)となる榎峠にだいたい52分で到着。2021年大会とほとんどタイムは変わりませんでしたが、余裕度はかなり違いましたね。

かずき

かずき

ペース配分を誤らないとこんなにも違うものとは、と改めて感じました!

気を付けて道路を渡り、再びトレイルへ。榎峠からの登り返しはキツイところですが、今年はしっかり走って進みます!

かずき

かずき

この登りで1つ目のジェルとしてメダリストを補給しました!

いつも目が細いと言われてしまいました(笑)
Photo by ハリマネさん
さっちゃんもまだまだ元気そう!

上記写真の先から登りが一気にキツくなりますので、要所要所でパワーウォークを挟みます。ここは適宜入れていく予定だったので、まだまだ順調です★

かずき

かずき

1年前はここから苦しんだ記憶しかありません💦

ひたすら登って行くと林道を挟んでから常福院に向かう最後の登りへ!ここに来てもまだ走れていたので順調でした★

常福院(大会最高点)

常福院には階段で上がっていきます。STRAVAのセグメントをみると、青梅丘陵ハイキングコース入口から1時間13分ほどで到着していたようなので、スタートから1時間20分弱で到着したのではないかと思います。

かずき

かずき

階段でのすれ違いで前後との差を確認することが出来ます!

常福院への階段
©KFCトライアスロンクラブ
常福院
©KFCトライアスロンクラブ
さっちゃんの登りシーン
©KFCトライアスロンクラブ

獅子のお守りを受け取って折り返して行きます。例年はココがエイドポイントになりますが、2021年大会同様少し下ったところに設置されました。

獅子のお守りは自分で取って行くスタイル
©KFCトライアスロンクラブ
受け取ったら階段を下ります!
©KFCトライアスロンクラブ

常福院からの下りのトレイルは少し急で慎重に行きながらも大胆に行きたいところですが、まだまだ下りの感触はイマイチですね💦(1つ前を走っておられた方はピューーーンと下って行きました💦)

かずき

かずき

下りの達人「まこっちゃん」の下りシーンを焼き付けながら上達したいところです!!

武蔵五日市でのイベントでの様子。目指すはコレです!!

一気に下ったあとは林道の上り返し。下りから上りに変わるので痙攣しやすいポイントな気がします。ここで2つ目のジェルとしてChallenger POWER LIQUIDを補給しながら走ります。

補給して今年はこのまま行けるかな~なんて思いながら進んでましたが、ふくらはぎの痙攣がピクピクと。。。まだ体力的には余裕があるだけに思わず「くっそー--」と叫んでしまいます💦(笑)

かずき

かずき

今回、痙攣対策としてコムレケアを準備するのを忘れていました💦

2021年に出場したFTR100ITJでのレース中にもお世話になっていたのに何やってんだか、、、って感じです(;・∀・)忘れないうちにブログを書きながらAMAZONで購入しました(笑)

本当は痙攣してからのミネラル補給では遅いのですが、何もしないよりはイイと思うのでメダリスト塩ジェルを投入。ペースを落としてリズムも良くなっていたのとうまく嚙み合ったのか、ひとまず痙攣は落ち着いてきました。

かずき

かずき

下りに変わる前に落ち着いて良かったです!

ここで林道終了(2021年の試走時に撮影📷)

林道から一気に下るトレイルへ。1年前は非常に苦戦した記憶がありますが、今回は比較的スムーズに★前を走る選手との差を一気に詰めていきます!トレイルを抜けるとロードに変わるのですが、一気に出力を上げたツケが回ってきたのか、再びふくらはぎがピクピク痙攣💦感じとしては路面の変化に対応出来なかったのが原因な気がしますが、非常に勿体ないですね。。。下ったら試走期間が制限されている私有地エリアに入って行きます!(なお、登り返しです。。笑)

下りの勢いがイマイチ。。苦笑
Photo by キミエさん
さっちゃんもキツそうですね。。
Photo by ハリーさん
かずき

かずき

今年はこの登り返しで給水が可能になっていました!(暑かったら水浴びしたかも??)

給水はスルーして前に見える選手を追いかけます!痙攣が怪しくなりながらも登りはボチボチ進めたのが救いだったかもしれません。私有地エリアを抜けると榎峠からの登り返しエリアに帰ってきます。

Photo by ハリマネさん

この先は常福院に向かって進む選手とのすれ違いに気を付けて榎峠へ下りて行きます!

榎峠→青梅永山公園

再び榎峠へ。時計をチラッと見た記憶ではスタートから1時間41分とかだったと思います。

かずき

かずき

痙攣しながらもうまく走って来れた印象でした!

榎峠からはレース中最大の難所だと思う雷電山への登り階段!!ここで3つ目のジェル補給でメダリスト、そして元気印として携帯しているスーパーメダリスト9000を補給します!

かずき

かずき

スーパーメダリスト9000は本来水に溶かして使いますが、いつも粉末のままダイレクトに補給します★(むせないように注意!!

登りの階段は榎峠に下りて行く選手とのすれ違いに注意してしっかりプッシュ!!このペースならままいけば2時間30~35分は出せるペースなので、このまま押し切りたい!!の一心でした。

かずき

かずき

現行コースでのベスト記録が2019年大会2時間37分なのでこれを確実にクリアしたい!!と思ってました。

無事雷電山に登るとこの先は一気に走れるコース。ここからギアチェンジ!!と思いましたが、再びふくらはぎが痙攣💦今回のは落ち着く感じがしなかったので、階段で抜いてきた選手に道を譲りペースを下げながら進みます。

かずき

かずき

体力的にはまだ余裕ありましたが、先に脚が悲鳴を上げた感じでした💦

気分転換を図る意味も含めて2つ目のメダリスト塩ジェルを投入。ペースUPしたいのに押していけないのは非常にもどかしいですね💦

途中何人か道を譲り、痙攣と闘いながら前へ。登りは比較的マシだった気がしましたが、下りは徐々に脚にチカラが入らなくなってきました💦

かずき

かずき

あとは怪我に気を付けながら気力で進むのみって感じです(;・∀・)

©KFCトライアスロンクラブ

15kmとのコース分岐地点から先は15kmの選手を抜きながらのラン。うまく声掛けしながら抜いていきます。

かずき

かずき

大会スタッフの方も適宜声掛けしてくれるので非常に助かりました!!

青梅丘陵ハイキングコース特有の上り下りと闘いながら前へ前へ!!ここで4つ目のメダリストを補給し終盤に備えます。

広く整備されたところに出て矢倉台を通過すると残すは約3km!!もう一押ししたいところですが、脚との痙攣とも闘いは続きます。必死にもがいていると、後ろから物凄いオーラを放った選手が猛追してきて必死に逃げていましたが、その正体は友人のセノーちゃん!!途中であっけなく抜かされてしまいました💦

かずき

かずき

1年前と同じような場所でやられた瞬間でした(;・∀・)(苦笑)

ヘロヘロな様子は友人が撮影してくれたMOVIEにて(笑)

最後は土からコンクリに変わり、青梅永山公園へ下りてきます。文字通り最後のチカラを振り絞ってラストスパ――ト!!

険しい表情(笑)
Photo by AYAさん
こちらは動画🎥
Movie by アミタさん
手元の時計では2時間36分
かずき

かずき

なんとかコースベストは出せました!

ゴール後はチップを返却し、コーラとカーフタイツを受け取ります。

かずき

かずき

今年の記録証は後日各自ダウンロード方式でした!

印刷した記録証

ゴール後は友人と再会し、談笑しながらさっちゃんの帰りを待ちます。待ってる間に友人のハルさんと再会。

かずき

かずき

最初撮られているのに気付いてませんでした💦

インタビュー後しばらくして、さっちゃんの姿を発見!!

女性5位でFINISH

完敗でした💦

さっちゃん

さっちゃん

5連覇への挑戦は残念ながら失敗に終わりましたが、また来年王座奪還を目指して欲しいところですね!(その前にボクが頑張れよって話ですが。。。苦笑)

着替えたらオレは摂取すでリカバリー★
私も摂取す

疲れていてもスゥーーっと身体に沁み込んでいくので、激しいトレーニングやレース後の補給にオススメしています★

さっちゃん

さっちゃん

『オレは摂取す』をお得に購入できる紹介コード

「オレは摂取す」定期購入コース初回購入時クーポンコードTMAHP9CZを入力することでお得に購入することが出来ます!

通常:12本5,760円=1本あたり480円送料別
⇒クーポン入力にて13本1,880円(1本あたり145円・送料込)

※2か月目以降は20%OFFの12本4,560円=1本あたり380円
※いつでも一時停止、再開、お届けサイクルの変更、解約が可能。
次回お届け予定日の7日前までにお電話にてご連絡を!

お得に購入できるクーポンコード

TMAHP9CZ

オレは摂取す」について書いた記事

created by Rinker
¥2,880 (2022/05/18 10:15:23時点 楽天市場調べ-詳細)

『オレは摂取す』をお得に購入できる紹介コード

「オレは摂取す」定期購入コース初回購入時クーポンコードTMAHP9CZを入力することでお得に購入することが出来ます!

通常:12本5,760円=1本あたり480円送料別
⇒クーポン入力にて13本1,880円(1本あたり145円・送料込)

※2か月目以降は20%OFFの12本4,560円=1本あたり380円
※いつでも一時停止、再開、お届けサイクルの変更、解約が可能。
次回お届け予定日の7日前までにお電話にてご連絡を!

お得に購入できるクーポンコード

TMAHP9CZ

オレは摂取す」について書いた記事

created by Rinker
¥2,880 (2022/05/18 10:15:23時点 楽天市場調べ-詳細)
うどんも補給して温まりました★

レースあとがき

自身7回目(※さっちゃんは8回目)の青梅高水国際トレイルランの出場となって初めて雨に見舞われる状況となりましたが、まずは怪我無く終われてホッとしています。

SUNNTO 9 Peak より

  • 25.00km、1,647m+D
  • 2時間36分(休憩込み)
  • 消費カロリー:2,040kcal

なお、過去の記録と比較してみると以下の通りです。(※大会結果のリンク ☞ 30kmの部15kmの部

開催年かずきさち
2022年2:36:40(総合26位・年代別6位)2:55:53(総合56位・女性4位入賞
2021年2:58:42(総合65位・年代別15位)3:00:20(総合68位・女性優勝
2019年2:37:12(総合13位・年代別4位)3:01:05(総合47位・女性優勝
2018年2:42:46(総合21位・年代別9位)2:58:30(総合50位・女性優勝
2017年2:37:21(総合20位・年代別8位)2:55:39(総合60位・女性優勝
2016年レース中にチップ紛失して記録・順位なし3:09:01(総合97位・女性4位入賞
2015年2:30:18(総合13位・年代別3位2:55:07(総合68位・女性準優勝
2014年3:11:17(総合151位・年代別1位
出場した記録一覧(※2018年からスタート地点が現在の青梅永山公園に変更)

私もコースベストでしたが、惨敗だったので嬉しさより悔しさの方が大きく勝りました💦

さっちゃん

さっちゃん

3月から40~50kmおよび3,000m+Dのミドルレンジトレランをベースに淡々と走ることを繰り返しながら距離に対する突貫工事を続けていました。

その代償としての疲れが抜け切れていない中でコースベストは嬉しい部分ではあります。一方で速く追い込む練習が圧倒的に不足した影響というのはしっかり現れて脚が最後までもたなかったな、、、という印象は否めませんでした。

かずき

かずき

練習でやっていないことは本番では通用しませんね💦

レースが終わって数日経過しましたが、思った以上にしつこくダメージが残っている印象です。UTMFまでもう3週間を切っていますので無理は禁物ですね。しっかり身体のメンテナンスを継続しながら次へと向かいたいと思います!

かずき

かずき

身体のメンテナンスをすることを仕事にしているニンゲンが故障しないように気を付けていきたいと思います。

久々の雨の中のレースはレース後の片付けや着替えは非常に大変でしたが、終わってみると非日常を楽しみ抜いた感じでした!

かずき

かずき

大会でしかなかなかお会い出来ない方も多いので、大会会場では再会の連続でした★

秋川トレイルグループのお二人
レース中にたくさん補給した「メダリスト」の営業さんと📷

次のレースは春の本命レースの1つUTMFです!2019年9月に出場した信越五岳トレイルラン以来となる2年半ぶりの100マイルチャレンジです!!残り少ない日数ですが、大会本番に向けてしっかり準備していきたいと思います!

かずき

かずき

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

RUNの記録など、Instagramでも随時更新しています。
よかったらInstagram(@kazu.runlog)の方もフォロー宜しくお願いします!

私のInstagram(@runninghigh42.195)も是非宜しくお願いします!!

さっちゃん

さっちゃん

関連記事

1 件のコメント