疲労回復にオススメ!アミノ酸8353.8㎎配合『オレは摂取す』お得に購入できるクーポン紹介中!詳細はこちら☞

【トレランレース】2020FTR秩父&奥武蔵25kmに出場しました!

この記事について

本記事は2020年11月22日(日)に開催されたFTR秩父&奥武蔵25kmに出場した様子をまとめました。
※大会発表:25.2km(トレイル率約50%), 獲得標高1,605m, ITRAポイント1

例年11月にプロトレイルランナーである奥宮俊祐氏がプロデュースするFTR100Kというウルトラトレイルレースが秩父・奥武蔵・飯能を舞台に開催されていますが、2020年はコロナ禍の影響で飯能25km秩父&奥武蔵25kmの2つのレースに分かれて開催され、秩父&奥武蔵25kmに出場しました。昨年12月に出場した養老山脈トレイルランニングレース以来のトレランレースでした!(その時の記事はこちら

なお試走には2回出掛けており、その時の様子も記事にまとめています。(1回目の様子はこちら/2回目の様子はこちら。)

かずき

かずき

ウルトラトレイルランナーかずきです。

皇居至近ランナー向けシャワー施設ラフィネランニングスタイル神田店併設ランスタ治療院にてマッサージ・鍼治療・ランニングレッスンを担当しています。

日々の活動の様子はInstagram(@kazu.runlog)に掲載中です。

FTR秩父&奥武蔵とは?

埼玉県秩父市にある羊山公園をスタートゴールとする約25kmのトレイルランレースです。羊山公園では毎年4月には芝桜まつりが開催されて、近くにふれあい牧場があります。

大会概要

公式HPからの抜粋して記載しております。

コースは25.2km(トレイル率約50%), 獲得標高1,605m, ITRAポイント1となっています。
スタートは9:00と10:00の大きく2つにスタート時刻を分けたウェーブスタート制です。これをさらに5分ごとに100名ずつ分けてスタートします(※スタートリストは事前に公開)

かずき

かずき

今回ウチは夫婦揃って10:00スタートの第一ウェーブでした!

なお、選手サポート行為は禁止となっています。

必携品

  1. マスク
  2. 携帯電話
  3. 大会当日1か月以上前に新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」をインストールし、30日以上継続して日常的に使用しているスマートフォン(と同じでも可)
  4. 携帯コップ
  5. 1L以上の水
  6. 補給食
  7. サバイバルブランケット
  8. ホイッスル
  9. テーピング用テープ
  10. 携帯トイレ
  11. コースマップ
  12. レインウェア上下
  13. ファーストエイドキット
  14. 保険証(コピー不可)
  15. ザック
  16. リタイア時の交通費
  17. ライトおよび予備電池
    以下、推奨装備品
  18. 防寒用長袖シャツ
  19. 防寒用ロングタイツ
  20. 保温のための手袋、耳までを隠す帽子
かずき

かずき

必携品にどんなアイテムを選んだかは準備編に記載しています。

エイドおよび関門

関門は「入りの時刻」が基準となります。また、9:00スタート・10:00スタート共通の時刻です。

  1. A1:芦ヶ久保・約9km地点(関門12:00)
  2. W1:延命水・約18km地点(関門16:00)
  3. GOAL:羊山公園(関門17:00)

なお、エイドでは補給食はなく、水ペットボトル500mlのみとなることも事前に発表されました。

その他重要事項

公式HPに、参加資格:大会参加条件、新型コロナウイルス感染症対策について、大会参加同意事項が掲載されています。また、ブリーフィングはYouTubeにて事前配信されました。

かずき

かずき

随時、FacebookInstagramの公式アカウントから情報発信されていたので、それを確認しながら大会に向けて準備(もといモチベーションUP)していきました。

受付

10:00スタート組のスケジュールは以下の通りでした。

  • 8:30受付および荷物預かり開始
  • 9:30受付完了
  • 10:00スタート
かずき

かずき

受付にかかる時間や会場の状況がわからないので、早めに会場入りするようにしました。

受付では体温チェックのあと、以下3点の確認がありました。

  • 接触確認アプリ「COCOA」
  • 健康チェックシート
  • 大会参加表明書
出典:公式PHOTO
#FTR秩父奥武蔵25k #FunTrails
Photo by Sho Fujimaki

《プロカメラマン:藤巻 翔》

家業(スキー撮影)の手伝いで小五傘持ちから始まり中学生から滑りを撮影、そうして次第にカメラの道へと進む。

青山スタジオのスタジオマンとして4年間在籍し、インドアに耐えられずアウトドアの世界へ。物撮りからスポーツまで幅広い分野を得意とする。

現在様々なアウトドアシーンを撮影している。

funtrails公式Instagramアカウント

受付はタイミング良かったのか、スムーズに終了!参加賞を受け取り、ゼッケン等を準備して早めに荷物預けは済ませてしまいました。

かずき

かずき

荷物を預けたあとは、必携品のレインジャケットを着て防寒しました。

スタートまではアップに行ったり、トイレに行ったりして、大会アナウンスに従い待ち時間を過ごしました!

レース

定刻通り、10:00にスタートします!
ちゃっかり最前列に並び、スタートだけは先頭を走っておきました(笑)

2組目Cグループスタート📣 「FunTrails Round 秩父&奥武蔵25K」(FTR秩父奥武蔵25K) ・開催日:11月22日(日) ・種目:25K ・スタート&フィニッシュ:羊山公園(秩父市大宮6360) #FTR秩父奥武蔵25K #FunTrails

FunTrails Round 秩父&奥武蔵 / FunTrails Round Chichibu& Okumusashiさんの投稿 2020年11月21日土曜日

①ロード(羊山公園~最初のトレイルヘッド)

飛び出したあとは公園からの下りでスピードを調節して4番手ぐらいにポジションを下げます。(もとい勝手に下がってました。笑)ロードは最初5kmほどあるので脚を使わないように、GARMINに表示される心拍数と息遣いに気を配りながら進みます。

カスタマイズ表示して、距離・心拍・高度・タイムを表示しておきました!
かずき

かずき

GARMIN企画「伝説へ挑め。GARMIN 7 RUNNERS」に選出された際にご提供いただいたForeAthlete 245 Music Japan Limited Edition・国内限定3,000本のうち、シリアルNo.0007を愛用しています。選出された直後に書いた記事はこちら

なお『伝説へ挑め。ForeAthlete 245 Music Japan Limited Edition』の特設サイトもありますので、併せてご覧ください★

話を戻しまして、横瀬駅付近でRUN塾・塾長のりょーこさんに応援をいただき進みます。

かずき

かずき

ラストも通るポイントなので、その時も元気に走りたいと思って行きました☆彡

ペースが速そうだな、、、と思って心拍を覗いたら160拍/分を叩き出していたので、前を深追いしないように気を付けました(;^_^A最初のトレイルの入口まで19分弱(グループ内4番手)だったかと思います。

かずき

かずき

ちなみに、キロ表示は5kmごとに設置されていました!

②最初のトレイル~芦ヶ久保エイド

最初のトレイルは試走段階から基本走るつもりで決めていました。トレイルin直後の上りと、ちょっと段が高めの階段(※比較的最初の方)以外はすべて走りました。このセクションで1名抜かれて、グループ内5番手に下がります。

トレイルを抜けたあとはロード→短めのトレイル→ロード→トレイルと抜けていき、芦ヶ久保エイド目指して進みます。芦ヶ久保道の駅付近の信号でガッツリ捕まり、数分ロスします。。待っている間に後ろの選手3名ほど追いつかれてしまいました(;^_^A

かずき

かずき

信号待ちは運しかないので、割り切って補給タイムに当てました!
メダリストエナジージェル経口補水パウダーをチャージし、その後の補給を省けるようにしました。

信号が変わったら集団を引くカタチでリスタートします。ペースメーカー的に使われるかもしれないと思いつつも気にせずマイペースに走りました!信号から1kmちょい進んだらエイドになります。そのエイドin直前に前のブロックでスタートしていた選手を1人抜きました。

かずき

かずき

まさかココで前のブロックの選手に追いつくとは思いもしていませんでした(;^_^A

③芦ヶ久保エイド~延命水エイド

芦ヶ久保エイドでは水のみ提供があります。暑かったのですが、集団を引いていて抜かれるのもイヤなのでスルーして進みます。

かずき

かずき

元々エイドはスルーする前提で水を用意してレースに臨んでいました。途中で水を足さない時はソフトフラスクよりハイドレーションが便利だと思います、

エイドを抜けて少し下ったあと、二子山に向けた試練の上りが始まります。上り出してちょっと進んだところに短い歩行区間があり、抜けると急激に上りがきつくなります。元々上りでプッシュする予定でしたが、集団を引きながら進むのは非常に疲れるので、早めに後ろを千切れるようにピッチを上げて進みました。

かずき

かずき

基本上りはマイペースですが、後ろを引くのはいつも以上にエネルギーを使うものです(;^_^A
そして、前のブロックの選手を抜き続ける展開がココから始まることが確定したので、早く単独走になりたい、というのがありました。

とはいえ、脚を思ったより使っていたせいか、かなり足取りは重かったです(;^_^A
少しずつ集団は引き離すことに成功してきましたが、その後ろから急な登りを駆け上がる選手がいることに目を疑いました!!(※レース後にInstagramで相互フォローしました)

かずき

かずき

駆け上がる姿は力強く、これは一気に抜かれるな、、、と思いました。。

その姿を見て焦って変なチカラが入ったのか、時々ふくらはぎが攣るようになってきます。。発汗もかなりしているので、水分補給以上にミネラル補給を疎かにしないよう気を付けました。

二子山を半分ぐらい登ったところで、オレは摂取すも補給します。

かずき

かずき

キャップ付きパウチタイプの補給食なので、半分だけ飲んで残りは他のタイミングで飲むようにしました。
オレは摂取すについて書いた記事はこちら

『オレは摂取す』をお得に購入できる紹介コード

「オレは摂取す」お得な定期購入コース初回購入時に下記紹介コードを入力することでお得に購入することが出来ます!

12本1,980円(1本あたり165円)
13本1,880円(1本あたり145円)
※送料込み

※2か月目以降は20%OFFの12本4,560円=1本あたり380円
※解約は電話もしくは解約フォームからいつでも可

二子山を登りきったあたりから、前のグループのランナーおよびハイカーの人数が増えてきたので、抜いたりすれ違う際は減速したり声をかけたりと、いつも以上にパワー使っていた気がします(;^_^A

かずき

かずき

想定通りではありますが、色々気は遣います(;^_^A

二子山の先の焼山、武川岳への急登は試走のお陰か、そこまで苦戦はしなかったと思いますが、半ば攣りながらのふくらはぎを含めて、身体はかなりしんどかったです(;^_^A
焼山、武川岳を登りきってからもオレは摂取すを補給します。

武川岳からの下りはロス小さく進めましたが、妻坂峠~延命水エイドへの下りで再びふくらはぎが攣りそうになり、全く速度が出なくなったのには困りました……(;^_^A

かずき

かずき

今思えば、脚が完全に売り切れたんだと思います(;^_^A

延命水エイド手前で1人選手に追いつかれますが、前に出てくれる気配がないのでそのまま進んで行くことにしました。

④延命水エイド~羊山公園

延命水エイドも水のみの提供です。元々スルーするつもりで来ているので、そのまま通過します。この先のロードは公園手前以外は基本下り基調ですが、約7kmもある長丁場ですのでエネルギー補給にメダリストエナジージェルを使いました。

かずき

かずき

後半のきつい時はカフェイン入りのコーヒー味をよく投入します。
メダリストエナジージェルについて書いた記事はこちら

セメント工場付近は車に気を付けて通過します。このあたりからスピードを上げたいところなのですが、全くスピードが上がずで完全に苦行でした(;・∀・)

かずき

かずき

試走の時、ロードの脚を残しておかないと地獄になるな、、、と思っていた通りの地獄を味わっていました……(;・∀・)

この長いロードで大きな分岐が1か所あるのですが、そこには上り坂があり、ずっと後ろに付かれていた人に抜かれておいていかれます。。精神的にもきついですね(苦笑)
横瀬駅付近で再びRUN塾・塾長のりょーこさんに応援してもらい、必死に身体を動かす活力をもらいます。

かずき

かずき

どんな時も応援はチカラになります!m(__)m

りょーこさんに撮ってもらったさっちゃん

一瞬スピードは戻りましたが、長続きせず。。。そして、羊山公園への上りは全く進まずでヘロヘロGOALでした(;・∀・)

かずき

かずき

最後は本当に長かったです(;・∀・)

ゴール後は久々に会う友人方と再会し、レースの余韻?に浸りながらさっちゃんのゴールを待ちました。

かずき

かずき

上記3枚の写真は友人のかなこさんに撮ってもらいました。

しんどーーーい、しか言ってなかったですね(笑)

最後はさっちゃんのカメラマンとなってレース終了です(笑)

ゴール直前📷

最後は本当にしんどかったーーーー。。

さっちゃん

さっちゃん

レースあとがき

本大会は総合3位+年代別1位が表彰対象です。表彰対象選手はその場で発表されましたが、残りはFacebookの大会アカウントに速報(男性女性)が発表され、PDFデータは選手ダウンロードデータページに格納されるカタチでした。

かずき

かずき

2時間56分19秒(総合17位・39歳以下10位/グループ5番手)

という成績でした。

ちなみに、表彰台常連のさっちゃんは女性総合5位(39歳以下2位/グループ女子2番手)で、まさかの年代別次点。。お互いラストへろへろというのもありましたが、かなりやられた感が強く残りました(;・∀・)

FunTrails Round 秩父&奥武蔵 / FunTrails Round Chichibu& Okumusashiさんの投稿 2020年11月22日日曜日
FunTrails Round 秩父&奥武蔵 / FunTrails Round Chichibu& Okumusashiさんの投稿 2020年11月22日日曜日

試走の時の想定よりはるかに速いタイムで決して悪い成績ではないのですが、終盤ろくに身体が動かなかった点や思ったより順位がついてこなかった点は残念な感じもします。

かずき

かずき

ゴールまでしっかり駆け込んで帰ってこないとコテンパンにされた感が残ります(笑)

そして何より、終わった後のダメージの残り方がトレラン始めた頃に出場したレース後みたいな感じだったので、それに凹んでいたのかもしれません(笑)

冷静に振り返ってみて、9月に決行したプライベート100マイルチャレンジの頃と同じウルトラ仕様の身体のまま。練習でもスピード走を重ねている状況ではなかったのでまだまだショートレースに対応出来る身体ではなかったのは否めません。

かずき

かずき

年々ショートレースが難しく感じるようになっています(;・∀・)

言い訳になりそうで伏せていましたが、実は大会2日前から腰の調子が良くありませんでした。。身体全体で衝撃を受け止めることができず、知らず知らずに脚の負担が大きくなっていたように感じます。

かずき

かずき

腰がつらくなる直前は腹筋に思うようにチカラが入らない状態が続いていたので、それから姿勢が崩れていたのが影響していたのでしょう。。1つ歯車狂うと芋づる式に悪くなる典型だったのかも?

何か不具合あって闘えるほど元々チカラはありませんし、やはり万全な状態でスタートラインに立たないといけませんね!幸い2020年のレースはまだ1本残っている+まだ時間があるのでしっかり修正しながらコンディショニングしていきたいと思います!(※NEXT RACE→IZU Trail Journey

色々敗戦の弁(笑)を述べましたが、11ヶ月半振りのリアルトレランレースは楽しいモノでした!世の中大変な状況でプロデューサーの奥宮さんをはじめとするFuntrailsの皆さまは本当にたくさんの苦難があったかと思います。改めて感謝の意を表します。本当にありがとうございました!m(__)m来年こそ、FTR100Kに挑戦したいですね!

かずき

かずき

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

RUNの記録など、Instagramでも随時更新しています。
よかったらInstagram(@kazu.runlog)の方もフォロー宜しくお願いします!

関連記事

1 件のコメント