疲労回復にオススメ!アミノ酸8353.8㎎配合『オレは摂取す』お得に購入できるクーポン紹介中!詳細はこちら☞

【トレランレース】2019年出場レース回顧録④『FTR飯能50km』

ブログをはじめる前は主にFacebookやInstagramにレースの結果や備忘録を投稿していました。2019年に出場したレースは、比較的しっかり残していた+まだ記憶を呼び起こすのがある程度可能?なので、書き起こしています📝

第4弾は2019年6月に行なわれたFTR飯能50kmです。プロトレイルランナーである奥宮俊祐氏がプロデュースし、飯能中央公園を拠点とするラウンドレースです。2019年大会が記念すべき第1回目の大会で、仲良しトレラン夫婦と一緒にエントリーしました!
エイドをはじめ、たくさんのスタッフが盛り上げてくれる楽しい大会です!そろそろフルマラソン以上の距離にチャレンジかつ関東開催のレースをお探しの方にオススメだと思います。

FTR飯能50kmとは?

毎年11月に行なわれていたFTR100kmとFT50kmのうち、2019年からFT50kmを春に移し、コースもワンウェイコースからラウンドコースにリニューアルされた約50kmのトレイルラン大会です。ビギナーの方向けに8kmの部も併催されています。なお、50kmの部はITRA3ポイントレースとなっています。2020年は4月に時期が変更されて開催予定でしたが、残念ながら中止が決まっております。

またFacebookに公式アカウントがあります。

大会概要

前述の通り、50kmの部と8kmの部が設定されております。公式HPに大会の魅力が書かれています!また、50kmの部に関しては参加資格が設定されています。

【50km参加資格要約】
  • 山のルール・マナーを守れる方(FunTrailsポリシー
  • 18歳以上でコースを迷うことなく制限時間内に完走できること。
  • 過去2年間で25km以上のトレイルランレースを制限時間内に完走している方。
    ※エントリーの際に完走した大会の名称、開催年月日、ナンバー、タイムが必要
    ※基準となる大会は主催者がコースの全行程の距離を発表しているもの
  • 1年以内に健康診断を受けている方

引用:公式HP・大会概要・注意事項・参加資格について

コースに関して言えば、マーキングがしっかりされていますので、見落とさなければ問題ないと思います。

かずき

かずき

大会といえども、マラソン大会と違って道路が占有されているわけではありません。ハイカーなど、レース以外の方もいますので、挨拶などはもちろん、感謝の気持ちを持って大会に臨めるといいなぁと思っています。

必携品

50kmの部には必携品が定められており、受付の際にチェックがあります。

①エントリーの際に番号を届け出た携帯電話
②携帯コップ(150cc以上)
③1L以上の水(スタートおよび各エイドステーションを出発するとき)
④各自必要な食料
※参考:必要なエネルギー量(体重×8×走行時間-1500kcal)
⑤ライト1個、予備電池
⑥サバイバルブランケット(130cm以上×200cm以上)
⑦ホイッスル
⑧テーピング用テープ(80cm以上×3cm以上)
⑨携帯トイレ ※使用した場合は、エイドポイントで入手可能です
⑩コースマップ(こちらからマップをダウンロードするか、受付時に配布するマップを携帯してください)
⑪フード付きレインウエア(ジャケット)DRY Q等、完全防水、透湿機能を持ち、縫い目をシームテープで防水加工してあるもの。
⑫ファーストエイドキット(絆創膏、消毒薬など)
⑬保険証(コピー不可)
⑭必携装備と個人で必要な装備を収納できる両肩で担ぐザック。片掛ザックは不可
⑮電車代:リタイアの際、電車にて会場に戻って頂きます。
※西吾野⇒飯能270円

引用:公式HP・大会概要・注意事項・装備について

ちなみに、ポールの使用は不可、サンダルや裸足での出走は禁止されています。
(遵守事項:レース中に記載あり)

制限時間

50kmの部が12時間30分、8kmの部が3時間と設定されています。

エイドおよび関門

2020年大会はコース変更がされる予定でしたので、2019年大会の情報を抜粋します。

  • A1 :11.7km地点(関門10:00・競技開始2時間30分)
  • A2 :18.8km地点(関門11:30・競技開始4時間)
  • W1:23.8km地点(関門12:45・競技開始5時間15分)
  • A3 :29.6km地点(関門13:30・競技開始6時間)
  • W2:35.9km地点(関門なし)
  • A4 :43.5km地点(関門17:15・競技開始9時間45分)
かずき

かずき

エイドは多く、補給食も水分も多く提供されますが、アテにし過ぎず必要な補給食は自分自身でもしっかり用意して臨みましょう!

コース試走

飯能エリアのレース参戦は今までなかったので、事前に後半部分だけ友人と一緒に試走へ行きました!なお、大会当日は一部私有地を通過しますがそこはもちろん試走禁止です。

この時は、西吾野駅まで電車で行き、大会コースに合流してから飯能中央公園までなぞりました!コース終盤にある飯能アルプスがジグザグコースと有名で、キツイ箇所を事前に把握しておくと本番気持ちに余裕もって挑めるかな、と思って行ったものです。試走するのであれば、前半部分と分けて行くと、共に30km前後のトレランを楽しめると思います。
実際に、この時一緒だった友人は後日前半コースの試走にも行ったそうです☆彡

大会前日

FTR飯能50kmの当日スケジュールは以下の通りとなっています。

スケジュール

5:00 選手受付開始(場所:飯能中央公園)
6:45 ブリーフィング
7:00 開会式/選手受付終了
7:30 50kmスタート

自宅からでは始発でも間に合わないので、今回は前泊入りします。当日車で行くことも可能と言えば可能ですが、大会会場付近に大会用駐車場の用意はないので飯能駅や東飯能駅付近のコインパーキングを使用することになります。時間や場所の不確定要素が増えるのを懸念した結果、前泊を選択しました。
飯能駅周辺の宿はあまり多くないので、宿泊の際は早めに予約しておく方が無難だと思います。

なお、大会前日でも受付は可能です。(※2019年大会は16:00~18:00のみ)
今回は仕事の都合で間に合わなかったので、当日受付することになりました。

かずき

かずき

当日受付の場合はスタートまでドタバタすることが多いので、可能であれば前日済ませておく方が無難だと思います。

天気予報のチェック

マラソン、トレイルランともにアウトドアスポーツなため、常に天気予報のチェックは必須です。翌日が灼熱地獄予報となっていて、比叡山トレイルランでDNFになった時の反省を踏まえて、ミネラル系のサプリメント=経口補水パウダーの所持本数を追加することにしました。

関連記事